GNLblog.com

ブログの毎日投稿を通して起こるあらゆる変化について記事にしていければと思います。

日本の税金の使われ方

zuhyou1.JPG

 

税金って、お給料のうちすごい割合持っていかれていますよね。

 

実際のところ、何に使われているのかとか、あまり考えていなかったのですが

今日は台風19号で外にも出れないので、リサーチしてみました。

 

 

日本を運営するのにかかる費用

まず、国を運営していくのにかかる費用はざっくり100兆円にものぼります。

 

日本の運営費用のうち税金で賄っている割合

そのうち税金で賄われているのは、何と5割程度

 

あれだけ、高い税金を払っても実に5割しか補填できていないそうです。

 

そもそもの計画自体大丈夫なのかな。と思ってしまいます。

 

将来的にまた増税が予測できますね。

zuhyou1.JPG

私たちの税金の使われ方

トップの画像にもありますが、こんな感じみたいです。

 

一番使われているのは社会保障ですよね。年金・医療・介護この辺りのことです。

二番目に多いのが国債費。これは冒頭ご説明させていただいた、1年間に日本を運営していくのに必要な費用の約半分が税金で、残りの半分は国債になります。

 

国債は、国が日本国民に国債という形で買ってもらい、将来利子をつけて返します。というものです。

 

この利子・運営費用がこれだけの割合となっています。

 

三番目に地方交付税です。公務員のお給料であったり、役所などの行政機関を運営していくための費用となります。

 

こういった形で見てみると

 

税金の使いみちで大きな割合を占めている部分

 

1、年金・医療・介護

2、国債運営費

3、公務員のお給料・行政機関の運営費

※借金は、50兆円ほど税金では賄いきれないので国債発行。

 

上記3つで、国の予算の7割を超えています。

 

 

今回の増税8%に上がった分も大半を社会保障費。

つまり年金・医療・介護に費やされます。高齢者が増えてしまったため、若い人への将来への負担はどう考えても増える一方です。

 

少子化は、どんどんエスカレートしていますし、なにせ、結婚をする人も減りましたし、そもそも結婚できるだけのお金がないという人も増えました。

 

 

 

社会保障のうち生活保護は3兆円。全体の3%も!

 

ãçæ´»ä¿è­·ç·é¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

少し古い記事ですが、生活保護の費用は3兆円にのぼります。

国の運営費100兆円の3%に当たります。

 

人数にすると200万人以上が生活保護費を受け取っているとのことです。

 

日本人の人口が1億人くらいですよね。2%ないくらいですかね。割合としては。

 

 

若い人は特に将来が暗い気がする

この内容を色々リサーチしていて、すごい将来が暗い気がしました。

私は20代で、税金をこれからも納めていく側にいるので、その立場的に税金の使われ方とか、そもそも日本の運営は大丈夫なのかなーという気がしてしまいます。

 

絶対的に言えることは、消費税が絶対に上がると若い人は年金ないか絶対少ない。

この2点は容易に想像できてしまいます。

 

前向きに考えて、個人で稼ぐ力をつけていかないと年取った時、大変な時代がくるかもしれません。

若いうちに備えとかないといけなさそうですね。