GNLblog.com

ブログの毎日投稿を通して起こるあらゆる変化について記事にしていければと思います。

【これから留学を考えている人にオススメ③】留学するなら自分で全部手配するのも勉強になる(資金調達編)

f:id:miida599:20190820083757j:plain

こんばんは。

 

前回記事に引き続き、留学について記事にしていこうと思います。

 

前回までは留学前になぜフィリピンを選んだのかという内容でしたが、今回は留学にいく費用をどうやって貯めたのかご紹介していきたいと思います。

 

①実際半年に必要だった費用

 

まず、実際に半年間フィリピンのセブ島で生活・留学しようと思ったらどれくらい費用がかかるのかというところですが、ざっくりですが1月15万くらいあれば生活費と学校代はまかなえるかと思います。

 

なので、生活費だけでいくと

15万円×6=90万円

 

これに往復の飛行機代です。

 

ザクっと100万円くらいあれば、フィリピンで半年間の生活ができます。

これくらいあれば、プライベートでもだいぶ豪遊できるくらいの金額になります。

 

日本で半年間同じような生活をしようと思えば恐らくですがもっとかかりますよね。

 

そう考えるとすごいコスト的にはお手頃な国となります。

 

②住み込みでのリゾートバイト

 

100万円ものお金をどう貯めるのか。

当時、留学を決意したのが18歳でした。

 

一年後の19歳には留学したいと考えていたので1年くらいで100万円という大金を作り出す必要がありました。

 

18歳なりに色々調べた結果、リゾートバイトが一番手っ取り早く稼げるなと思い、時給が高そうな案件を探しておりました。

 

そして、時給1350円という破格の高さのホテルの住み込みバイトがあったので即応募して赴くことにしました。

 

仕事はめちゃくちゃ忙しかったですが、月30万くらいのペースで貯金ができました。

 

これを3ヶ月続けて留学費を作り上げました。

 

その間にリゾートバイトならではなのですが、彼女もできたりして割とトータルでみると楽しく仕事が出来て、貯金も出来ました。

 

参考までにリゾートバイトのURLを貼り付けておきます。

ご興味がある方は見てみてください。

 

www.resortbaito.com

 

③極度の節約

 

もちろんですが、留学行くまでの出費は極力抑えました。

 

遊ぶのもほぼしていませんし、どちらかというと留学行くまでにある程度英語力をつけないといけないなと考えていたので、大学の授業を詰め詰めでとっていたりしました。

 

あと、休学することになるので、半年間分を取り戻せるように授業は取れるだけ取って大学の単位をできるだけ確保するようにしました。

 

 

以上が、留学に行くための資金調達をした内容となります。

 

総じて、バイトを一生懸命したということなのですが、一つ言えるのは貯めるならダラダラ貯めるのではなく短期間でガバッと稼いだ方が良いかと思います。

 

これは自分のモチベーションが長期間維持できなかったりする反面、短期間であると留学に行きたいというやる気をまだ比較的維持しやすいと思うからです。

 

次回は留学中のことについて記事にしていきます。

 

少しでもご参考になれば読者登録ぜひ宜しくお願いいたします。