GNLblog.com

ブログの毎日投稿を通して起こるあらゆる変化について記事にしていければと思います。

転勤の時に備えておいた方がいいこと

f:id:miida599:20190901113321j:plain

人によると思いますが、転勤が多い会社で働いている人は割と会社人生において転勤というのは大きなイベントの一つかと思います。

 

かという私も転勤3度ほど経験しております。

 

都会に行ったこともありますし、地方に行ったこともあります。

 

結婚もしているので、転勤により色々なことが起こる可能性があります。

 

転勤になる前に、そう行った起こりうる可能性を計画しておくことで、万が一転勤になったとしても、大丈夫なようにするためにやった方がい良いことをまとめていきたいと思います。

 

1、家族がいるなら、転勤になった時について来てくれる事前に聞いておく方が良い

 

家族がいると、転勤になった時について来てくれるケースとついて来てくれないケースがあります。

 

転勤が決まってからこういうことを話すと、もし理由もなくついて来てくれないとなるとトラブルの元になります。

 

事前に、パートナーについて来てくれる意思がるのかどうか、聞いておくと自分の中での整理もつきやすくなります。

 

2、転勤した時の楽しみを考える

 

転勤するということは全く新しい場所・住んだことのない場所・知り合い友人がいない

 

場所に行くケースがほとんどかと思います。

 

都会に行った時の楽しみ方、田舎に行った時の楽しみ方。両方を事前に考えておくと転勤が決まったとしても楽しみがある分、まだモチベーションを保つことができます。

 

私の場合だと、単身赴任を想定していますが

1、部屋にゲーム機と大きなテレビをおいて、いつでも友人と繋がれるような環境を整える

 

2、その土地の飲み屋街をいきたおす

 

3、田舎の場合は、せめて住む場所はできるだけ都会に住むようにする

 

といった具合に何個かやりたいことをすでに考えております。

 

基本的に人との関わりがほしいので、新しい土地で新しい出会いが出来るような環境を整えられるようにしたいと考えています。

 

3、転勤がどうしても嫌な時のために自分の強みを磨いておく

 

とは言いつつも、転勤って地元を離れたりするので、嫌な方もたくさんいるかと思います。

 

そのためにも、自分の強みを磨いておいた方が良いかと思います。

 

強みは、具体的には会社の中で自分しかできないことを作る。とか転職が容易に可能な難関資格を取得するなどです。

 

自分にしかできないことがある時点で転勤の可能性は薄まりますし、そういったことを何個作れるかで自分の居場所を確立することができます。

 

経営者の目線でいけば、この人は動かしても代わりにこの人がいるとか、誰も困らないとかいう人は動かしやすいかと思います。

逆に1人しかできないことをやっているとその人を動かすと会社自体が機能しづらくなるので動かしにくいとか、そういう立ち位置にいれば転勤の可能性も減らすことができます。

 

 

あとは、難関資格の取得もおすすめです。

これは、転勤も視野に入れて取得することをおすすめします。

 

会社での経験も大事ですが、経験は抽象的なので、なかなか評価されにくいです。

逆に資格があれば一定以上にその人の実力があることが容易に判断出来るので転職にも優位にはたらくかと思います

 

以上、転勤の時に備えておいた方がいいことでした。

 

宜しければ読者登録宜しくお願いいたします。