GNLblog.com

ブログの毎日投稿を通して起こるあらゆる変化について記事にしていければと思います。

向精神薬とお酒は死ぬかもしれないのでやめとくべき

f:id:miida599:20190820083757j:plain

こんばんは。

 

昨今のストレス社会、うつ病とか心の病を抱えている方は多いと思います。

 

かかりつけの精神科医の方から、症状に合わせて睡眠薬出会ったり向精神薬を処方していただく方もいるかと思います。

 

ですが、こういった薬をもらった上で、社会をいきていかないけません。

 

お付き合いの中にはお酒のお付き合いもあると思います。

 

あまり、ご存知ないかもしれませんが、向精神薬とお酒はすごく相性が悪いです。

 

お酒と服用することで、薬の効果を増強させてしまい、副作用が増幅する危険性があります。通常の飲酒より、悪酔いしてしまうのもこのためです。

 

また、薬の効果を実感しづらくなってしまうこともあります。飲酒することで向精神薬の効果が増大するので、通常服用しても効果を実感しづらくなることがります。

 

こうなってしまうと飲酒が止められなくなり、アルコール依存症を併発してしまう危険性もあります。

 

もともと、病みやすいのかアルコール依存症が先なのかは置いといて、うつ病の人はアルコール依存症の人が割合として多いということも言われています。

 

なので、向精神薬を服用しているときは飲酒は極力控えるようにしましょう。

 

とはいっても、お酒のお付き合いもあると思うので、そういうときは乾杯だけとか、少量飲むだけとかにしておくと良いと思います。

 

www.shinjuku-stress.com

 

www.excite.co.jp